借金一括返済できないのに請求されたら時どうすればいいのか?

10月 13, 2018

借金一括返済できなくて途方に暮れているのでしたら、消費者金融、カードローン、キャッシングなどの支払期日が過ぎても放置してしまっていたからではないでしょうか。

ただでさえ借金が払えなくて滞納しているのに、とどめを刺すように一括返済を請求されてしまったら、どうすることもできないですよね。

そこで当ページでは一括返済を請求されて返済が不可能な場合に、どうすべきかについて解説していきます。

一括請求が来る時期

キャッシングやカードローンなどの借金の返済が滞納したら、支払期日から2、3日以内に督促の電話や通知が来ます。

この時点では借金残高の一括請求を要求されることはありませんし、ブラックリストにも登録されることはありません。

しかし度重なる催促を放置していますと、一般的に2、3ヶ月後には借金の一括返済請求が来ます。

銀行系のカードローンですと債権者となる返済相手が銀行から保証会社に移ります。この段階になりますと信用情報が事故情報として記載され、いわゆるブラックリストに登録されてしまいます。

一括返済の請求が来たとしても支払うことができなければどうすればいいでしょうか?

借金問題の専門家である弁護士、司法書士に相談する

借金問題はプロである専門家に相談するのがベストです。一括返済できないことを伝えれば、金融会社と交渉してもらい分割払いにしてもらう、親戚の援助を受ける、財産をかき集めて借金を一括返済する、債務整理するなど、ご自身にとってベストな解決策をアドバイスしてくれます。

弁護士に債務整理を依頼した場合は、まず弁護士から債権者宛で受任通知が送付されます。受任通知がなされますと債権者が債務者に対しての取り立てを直接できなくなります。

自宅に催促に来たり請求の電話が来ることがなくなりますから、それだけでも精神的な不安が少なくなるでしょう。

さらに弁護士が債権者と返済額や返済期間について、債務者が無理なく継続的に返済できるよう和解交渉を進めます。

この一連の手続きは債務整理の中の任意整理で、一括返済は不可能であっても分割返済で返済を継続できるようになります。

債務整理のデメリット

債務整理のメリットについて説明しましたが、デメリットにも触れておきます。

信用情報に事故情報が掲載されますので、ブラックリストに登録されます。ブラックリストに登録されますと、定められた期間では新たにカードを作れなくなり借り入れができなくなります。

しかし、借金の一括請求がされほど、支払いを滞納しているのであれば、その時点でブラック入りリストしています。このような状況下では弁護士に依頼する依頼料ぐらいしかデメリットはありません。

それに依頼料も債務整理するよって減額できる借金の額が大きければ大きいほどデメリットは少なくなります。

また各都道府県にある法テラスを通じて債務整理を請求する場合は、費用は立て替えてくれますので、今すぐお金がない場合でも後払いすることが可能です。

いずれにしても支払いを怠っていたため金融機関から一括返済の請求があったとしても、支払い能力に応じた返済が可能となりますし、弁護士もサポートしてくれます。

借金が返せない状態になりますと正常な判断ができなくなり、借金で借金を返すために闇金に手を出すことを頭によぎるかもしれませんが、それは更なる借金地獄の始まりとなってしまいます。

借りたお金を全額返せなくても、返済する意思があるのでしたら返済できるようサポートする法律も専門家も整っています。

これを今読んでいるあなたには借金一括返済できなくからといって人生を棒に振ってもらいたくありません。

債務整理が得意な法律事務所の多くで無料相談を受け付けています。借金問題に精通した弁護士から今後の解決策をアドバイスがもらえますので、誰にも相談することができず今何をすべきかわからないのでしたら早速相談することをお勧めします。

無料相談している法律事務所や弁護士ははネットで検索すればわかりますし、イエローページでも多数掲載されていますので、まずは行動を起こすことで借金問題を解決していただければと強く願っています。